草原と数珠

New Posts

葬儀の費用を削減

人を弔うときにはできるだけ心を込めたいものです。しかし、予算がないこともあります。そんな時でも十分に火葬などを工夫することで費用を削減することが可能なので、いろんなプランを試してみましょう。

詳細を読む

予算と相談

お墓を都内で建てようとするときには予算との相談が重要になってきます。死後のお墓といえるものなのですが、残された遺族が手入れしやすいように予算と場所を考慮に入れながら購入を検討しましょう。

詳細を読む

NEWS

綺麗に保つ

お墓は外部の空気にさらされているものなので、一年に一度は手入れをすることが必要です。それが困難なのだとしたらお墓参り代行に依頼することで遠くにいても常に綺麗な状態に保つことができます。

詳細を読む

形式を大事にする

従来の葬儀の形式と場所について。

葬儀は従来の形式は夕方から執り行われる通夜とその夜に親族や個人とともに少雨人の年の食事会をします。そして翌日の日中に執り行われる告別式を終えてから火葬の為に斎場に移動します。 斎場で火葬を執り行ってから骨壷に移します。その後に精進落としの食事会を執り行ってからお骨と共に自宅に戻る事になります。 通夜と告別式は葬儀会社の会場などで執り行う事が多いのですが、火葬を執り行う斎場の隣接の施設で執り行うケースも増えてきました。 火葬を行う事が出来るのは原則として個人が居住していた住所に最も近い斎場ですが、時期的に混雑していて火葬を待たなくてはいけない地域も若干あります。 この場合は待っている間は公の施設で保管してもらうか、別の地域の斎場を紹介してもらって移動して火葬を執り行うかになります。

火葬を執り行う斎場とその周辺について。

葬儀から火葬までの一聯の流れは、ほとんどの場合葬儀会社に書類など手続きを代行してもらいます。 そして遺族は安心して通夜や告別式や火葬などの式典に向き合う事が出来るのです。 各葬儀会社の提案しているプランに応じ手続きの流れと所要時間は若干変わるので、手続きの担当者からの説明はしっかりと聞いておきましょう。 どうしても葬儀の時は家族全員が疲れているので、そばに身内で信頼のおける人についていてもらい大切な内容の時や家族がキツイ時などにはフォローしてもらえる体制をとっておきましょう。 葬儀から斎場での火葬が終わりお骨と家族が自宅に戻ってからは、初七日や四十九日を経て納骨までの間が自宅で個人といられる期間となります。 最近話題のお骨の一部をアクセサリーなどにして常に近くにいてもらうサービスは火葬後に相談に乗ってもらう事出来ます。

おすすめリンク

  • 想樹

    千葉にある葬式を行なってくれる業者なら利用者の思いをきちんと受け止めてくれます。申し込みをするならこちらを選んでみよう。
Copyright© 2015 旅立ちのためにできること~祈る場所を整え悼む~All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com